• HOME
  • 失敗しないためのコインランドリー経営情報|ほかの投資との比較

ほかの土地活用方法との比較

ほかの土地活用方法との比較

コインランドリー経営とよく引き合いに出されるのがアパート経営などに代表される不動産投資や駐車場経営です。いずれも、土地活用という点では同じですが、コストパフォーマンスや安定性、将来性などいくつかの点で大きく違いがあります。ここでは、コインランドリー経営とその他の土地活用を比較しました。なお、資金計画や収益計算など詳しいシミュレーションについては当社までご相談ください。

不動産投資(アパート経営)・駐車場経営との比較

  コインランドリー 太陽光 アパート経営 駐車場経営
初期投資の低さ ×
収益性の高さ ×
安定性 ×
ランニングコストの
低さ
環境変化の影響を
受けにくいか
総合評価

凡例:◎=優れている ○良好 △やや問題あり ×悪い

総評
◎コインランドリー経営

コインランドリー経営

  • 自前の土地・空き店舗を活用すれば初期投資は少なくて済む。
  • 無人経営だから人件費はゼロ。仕入れも消耗品程度でランニングコストが低い分、利回りが高い。
  • 生活に密着した分野であり、しかも家事の軽減・時短化が進む現代ではこれからも需要の伸びが期待でき、長期にわたって安定した経営が可能。
○太陽光経営

太陽光経営

  • 投資額が高く、コストがかかる。
  • 日のあたる場所でなければならない。
  • 売電価格が下がってきている
  • コインランドリー経営に移行している方が増えてきている。
△アパート経営
(不動産投資全般)

アパート経営(不動産投資全般)

  • コインランドリー経営に比べ、初期投資は倍以上。
  • 空室が続くと家賃収入が途絶え、収益悪化に直結。
  • 家賃滞納リスクも経営に大きなマイナスとなる。
  • 住宅ローンなどの借り入れが多いと、収益が悪化した際に返済が滞るなどリスクが生じる。
  • 入退去が発生するたびに原状回復が必要となり修繕やリフォームに出費がかさむ。
  • 立地・入居率など好条件が揃えば安定経営が可能。
  • 少子高齢化、人口減少が続くことを考えると、将来的には経営環境はますます厳しくなるものと思われる。
△駐車場経営

駐車場経営

  • 店舗や建物が不要。整地するだけでよいので初期投資は抜群に少ない。
  • 人件費もリフォーム代もかからずランニングコストもほとんどかからない。
  • 初期投資、ランニングコストは低くても収益・利益がきわめて小さいので投資効率は×。うま味がない。
  • 都心部などでは車を持たない若い層が増えているため、将来は経営環境が悪化することも十分考えられる。

ほかの投資でのトラブル例

ほかの投資でのトラブル例

コインランドリー経営以外の投資では、多くの方が想定外のトラブルで後悔されています。たとえば下記に挙げたような事例がその最たるものです。やはり、無人経営で手間いらず、初期投資もランニングコストも比較的少なくて済み、しかも収益性も優秀。将来性もあるコインランドリー経営へ投資するのが賢い選択と言えるでしょう。

太陽光経営 「パネルが故障で修理費がかかってしまう」

せっかく高い投資を行い、太陽光も設置したが、外国製のパネル故障が多く、修理費負担がかなりかかってしまった。月々の保守料も支払っているが、メンテナンス中心で機器故障の保証がなく困っている。売電価格も下がってきており、かなり苦しい経営用状況になってしまった。

マンション経営 「空室対策でリフォームしたが借金がかさんで経営難」

アパートよりもマンションのほうが高収益に違いないと、多額の借金をして物件を購入したものの、築10年を過ぎたあたりから空室が目立ち始め、家賃収入が激減。毎月のローン返済にも赤信号が灯るように。なんとか入居者を集めようとリフォームをしたはいいが、さらに借金が増えて経営はかえって苦しくなった。

コインパーキング 「昼夜で稼働率・売上にムラが出て、思ったように収益が上がらない」

一般の月極駐車場よりは、時代の先端を行くコインパーキングのほうがベターだと考え、思い切って投資してみたものの、想定したほど稼働率が上がらず収益も低迷を続けている。昼夜の違い、平日・週末の違いで売上にムラがあるのが原因と考えられる。

失敗しないためのコインランドリー経営情報

コインランドリー経営ナビについて

コインランドリー経営ナビのプラン紹介