• HOME
  • 失敗しないためのコインランドリー経営情報|経営の注意点

コインランドリー開業・経営の注意点

コインランドリー開業・経営の注意点

安全・確実・高利回りでも、やはり投資でありビジネスと言うからにはコインランドリー経営でもリスクは決してゼロではありません。しかし、大事なのは開業・出店前に周到な市場調査を実施し、綿密な資金計画を立てること。それさえできれば、リスクの大半は未然に回避することが可能です。こちらでは、東海4県と神奈川・東京・千葉でコインランドリー経営・開業をサポートするコインランドリー経営ナビの「東海機材 株式会社」が、コインランドリー経営に関する注意点をご説明します。

開業・出店に関する要注意ポイント

POINT-01 ファミリー層中心の地域か、単身世帯中心の地域かを見極める

POINT-01 ファミリー層中心の地域か、単身世帯中心の地域かを見極める

開業するにはまず出店地域の市場性を見極めることが何より大切。たとえばファミリー層が多く暮らす地域ならまとめ洗いやふとんの丸洗い・乾燥ができる大型ランドリーの導入が不可欠ですが、単身世帯が多く住む都心部、大学キャンパスのお膝元では、小型ランドリーを多く設置して回転をよくすることが必要になってきます。

なお、コインランドリー経営ナビの東海機材では、出店にあたり、市場分析(世帯数・競合他店・人口分布・周辺の商業施設・集客施設状況など)や地域の都市計画(マスタープラン)の分析も行い、20年後に地域がどのようになっていくのかなども踏まえて分析を行います。その結果に基づいて店舗設計から機器種類や設置台数などをご提案しますので、ご安心ください。

POINT-02 主婦層、若い女性も安心して利用できるよう、明るく安全な店づくりが肝心

POINT-02 主婦層、若い女性も安心して利用できるよう、明るく安全な店づくりが肝心

昨今のコインランドリーは主婦や若い女性が顧客層のメインになっていることから、女性でも安心して利用できる明るく安全な店づくりを最優先したいところです。昔のコインランドリーのように、暗くて清潔さとは縁遠いような店内は論外。照明器具の照度を上げ、機器設備のレイアウトを工夫して死角をなくすといった工夫が店づくりには求められます。

POINT-03 基本は「Keep clean」。清潔な店舗づくりでお客を逃がさないように

POINT-03 基本は「Keep clean」。清潔な店舗づくりでお客を逃がさないように

衣類や寝具をきれいに、清潔にするために利用するのがコインランドリー。それなのに、店内が清潔とは程遠い環境では多くのお客様から敬遠されてしまうでしょう。多くの方に気持ちよく利用していただくには、クリーンネスが行き届いた店内をキープすることが何より大切です。

コインランドリーは無人店舗が基本ですが、最低でも週に3度は店内清掃を励行しましょう。なお、コインランドリー経営ナビの東海機材では出店後の店舗運用もていねいにサポートしますのでご安心ください。

経営失敗例と知っておくべきリスク

コインランドリー経営でありがちな失敗例と、注意が必要なリスクについてポイントをピックアップします。

経営の失敗例

経営の失敗例

コインランドリー経営は有望な投資には違いありませんが、開業・出店にあたって市場調査や立地条件、資金計画などを見誤ると、失敗のリスクが高まります。とくに下に挙げたようなケースではそれが顕著だと言えるでしょう。

立地が悪い 片側2車線の幹線道路沿いで、交通量が多い立地では、行き交う車の速度も高く、減速して店の敷地に入ることが困難。顧客の多くが主婦層であることを考えると、こうした環境はきわめて不利に。しかも駐車スペースが限られているような場合はなおさらです。
市場とのミスマッチ ファミリー層が多く暮らすエリアなのに、大量の洗濯物を一度に洗える大型の洗濯機・乾燥機がない、あるいは単身世帯の多いエリアでありながら、場所を取る大型洗濯機ばかりで回転率を上げられないような場合、顧客のニーズに応えられず、思ったような収益を上げられなくなることも。
周辺環境に問題 治安に問題のあるエリア、隣地に焼き肉店や中華料理店などがあり臭気が店内に漏れ入ってくるような立地などは、清潔や安心・安全が第一のコインランドリーには鬼門。それだけで、顧客の大半を占める主婦層から敬遠されてしまいます。
過剰投資 コンビニが撤退した後の空き店舗を活用するようなケースでは要注意。店内が広いだけに、洗濯機・乾燥器を必要以上に導入してしまうと、投資した資金の回収が困難になりがちです。稼働率・回転率も下がるので収益への影響は少なくありません。
家賃が高い 高利回りのコインランドリー経営は、自前の土地や空き店舗を活用する場合。賃貸物件で始めると毎月の家賃などがかさむので、利回りも下がり、想定したような収益が得られなくなる可能性があります。
コインランドリー経営のリスク

コインランドリー経営のリスク

上で述べたように、本来、安全で高利回りの投資であるコインランドリー経営でも、事前の検討が不十分だと失敗する可能性があります。それ以外にもコインランドリー経営に特有なリスクもあるので、こちらにも注意が必要です。

機械トラブル 無人経営で手間いらずのコインランドリー経営ですが、機械トラブルだけは避けて通れません。簡単な修理で対応できる場合もありますが、なかには部品交換が必要なケースもあります。また、洗濯機・乾燥機といったメインの機器だけでなく両替機などの故障も想定されます。
クレーム・人的トラブル 利用者からのよくあるクレームは、「洗濯した衣類が破損した」「汚れが付いた」といったもの。実際に、その機器に起因したものもありますが、なかには補償金目当ての悪質なクレームも十分あり得ます。また、無人店舗だけにホームレスが居ついたり、若者がたむろしたりして、顧客が寄り付かなくなることも想定されます。
防犯上の問題 もっともリスクが高いのが両替機を狙った盗難。無人なので悪質な犯罪行為をその場で回避することは困難ですが、盗難保険などに加入して万一に備えることは可能です。
競合店に客を奪われる 開業後、しばらく順調だったにもかかわらず、急に客足が途絶えるといったことも往々にしてあります。新しく開業した他店に客を奪われるというケースも少なくありません。また、防犯上でなんらかの問題が表面化して客足が遠のいたとも考えられます。
コインランドリー経営ナビにおまかせいただければ安心
安全で高利回り、手堅いコインランドリー経営でも、リスクは決してゼロではありません。ただし、開業・出店に先立つ周到な市場調査や資金計画などで経営上の障害は未然に防ぐことができます。コインランドリー経営ナビの東海機材におまかせいただければ、こうした開業・出店計画はもちろん、開業後の経営についてもきめ細かくサポートいたしますので安心です。オーナー様は、上記で挙げたようなリスクを懸念されることなく、経営に専念いただけます。

失敗しないためのコインランドリー経営情報

コインランドリー経営ナビについて

コインランドリー経営ナビのプラン紹介