土地活用方法を徹底比較

土地の有効な活用方法には駐車場経営やアパート経営などいろいろありますので、その土地をもっとも活かせるような上手な活用を考えたいものです。このページでは、コインランドリー経営とコインパーキング経営、アパート経営を簡単に比較してみます。

それぞれの土地活用に関しての安定性、環境変化、維持費について

コインランドリー経営
収益性
  • 生活密着型の業種なので不況に強く、安定している
  • 現金前金売上なので毎月黒字運営が可能(支出は変動費のみ)
環境変化
  • 環境変化に強い(10年先など道路状況が変化しても、機材の移設が容易で別の店舗での開業が可能)
  • 増築・撤退が容易で、社会変化に応じてのその土地の利用形態を変更できる
コスト
  • 維持費は利用された洗剤・柔軟剤などの消耗品のみ
  • ほとんどがセルフサービスなので人件費はかからない
  • ランドリーを導入するため、初期投資額はある程度かかる
コインパーキング経営
収益性
  • 手軽で負担がないが、収益性はさほど高くない
  • 投資額が少なく、7割の契約率を確保することで、固定資産税の支払いが可能
環境変化
  • 相続・売却などは地主に決定権がある
  • 将来の社会変化に即対応可能
コスト
  • 初期投資額はほとんどなし
  • 無人にすれば、維持費・人件費もほとんどかからない
アパート経営
収益性
  • 経年劣化が進むと入居率が低下
  • 今後は若年層の少子化で先行きの需要は不安
環境変化
  • 堅固な建物なので急激な社会変化への対応に不向き
  • 入居者が多種多様で、立ち退きなどが難しい
コスト
  • 大規模な改修が必要(7~10年に1度、1000万円単位必要となることも)
  • 人件費はほとんどかからない
コンビニエンスストア経営
収益性
  • 立地状況によっては大きな売上が期待できる
  • フランチャイズのネームバリューを利用できる
環境変化
  • 周辺環境によって利用者の変動が激しい
コスト
  • ロイヤリティを支払う必要がある
  • 商品管理、在庫管理など労力がかかる
  • 雇用が必要となり高い人件費が必要となる

土地活用の比較【まとめ】

  コインランドリー経営 コインパーキング経営 アパート経営 コンビニエンスストア経営
収益性
環境変化
コスト

いかがでしたか?アパート経営は改修費用など将来的にかかるコストが高く、少子高齢化社会が進むことなどを考慮するとニーズは減っていくことが予想できます。コインパーキング経営に関しては初期投資額と維持費が低いのが最大のメリットですが、サービス単価が低くリピート率も見込めないので収益があまり期待できません。

その点、コインランドリー経営は初期投資額こそかかるものの維持費は少なく、安定した収益を見込めます。ほかの土地活用方法と迷われている方には、ぜひコインランドリー開業・経営をおすすめします。

  • 知って賢く経営!コインランドリー経営の基礎知識
    • POINT 01 コインランドリー経営が注目されている理由
    • POINT 02 コインランドリー経営のメリット
    • POINT 03 他の土地活用と徹底比較
    • POINT 04 コインランドリー経営の注意点
    コインランドリー経営で失敗しないためにもっとも大切なこと...それは、パートナー選びです。パートナー選びのポイントは・・・ いますぐチェック!
空き店舗・遊休地活用をお考えの方本事業との複合事業をお考えの方コインランドリー経営ナビがトータルサポートします!
  • 機器選定や店舗設計など 最適なご提案
  • 出店後の運用もサポート アフターフォロー
  • 集客UP&効率化できる おすすめ製品
  • 100件以上の出店実績あり!実績紹介

市場調査から最適提案
収支計画まで提案事例の紹介

  • 省スペースでも安定収入 都市型プラン
  • 1度に多くの方が利用できる 大型・郊外型プラン
  • お断りする事もあります 大切なのは出店ではなく、お客様の利益!収益が見込めなければお断りします!お断りした事例

対応エリア

名古屋市・豊橋市を中心に 東海4県対応!名古屋営業所 豊橋営業所 浜松本社 藤枝営業所 岐阜 愛知 三重 静岡
053-463-1215

053-463-1215

お問い合わせはこちらから

コインランドリー経営に
関する基礎知識

ページの先頭へ